HOME>オススメ情報>声の仕事で活躍したいなら声の使い方を教えてくれる学校に通うことが大切

資料請求をしてみよう

男性

ナレーターや声優など、声を使う仕事をしたいのなら、まずは事務所に所属することを目指さなければいけません。そのためには、それぞれの事務所が開いている養成所に入るのが一番だと考える方もいるでしょう。しかし、養成所は全国各地にあるわけではなく、基本的には関東にしかないので、それ以外の地域に住んでいる方は利用が簡単ではありません。そこでおすすめするのが、誰でも入学できる声優になるための専門学校を活用することです。学科試験は用意されておらず、面接のみでは入れる専門学校も多いので、声優になりたい方は利用を考えましょう。もちろん、養成所と同じで、声優になるためのさまざまなことを教わるため、卒業する頃にはプロになるための技術力を身につけています。なお、面接を受けるためには願書が必要なので、まずは気になる声優の専門学校から、資料を取り寄せてみましょう。そちらには願書も付属するため、資料を読んでみて気に入った専門学校があれば、すぐに受験を申し込むことができます

費用やカリキュラムやサポートの確認を

マイク

声優の専門学校によって学費は違いますが、一流といわれるところならば、1年間で100万円以上するところが多いです。詳しくは公式ホームページや資料にハッキリと書かれているので、気になるのなら金額を確認してみましょう。なお、費用の安さだけで、声優になるための専門学校を選んでしまうと、十分なカリキュラムやサポートが受けられない場合があります。そのため、声優になりたいのなら、まずは各専門学校の実績を調べるようにしましょう。実績を知りたい場合、利用者の評判を調べるのもよいですが、活躍している卒業生をチェックするほうが早いです。有名な作品にでている声優を多く輩出している専門学校なら、カリキュラムもサポートもよいという証拠なので、安心して通うことができます。

広告募集中